“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

スポンサーリンク

2017年夏!!

東京ディズニーランド・ディズニーシーのプログラムやグッズ(アイテム)が

少しずつ明らかになり期待度MAXです。

飛行機・新幹線での移動も楽ながら楽しく東京ディズニーリゾートへ!!

夏のディズニーは楽しみもいっぱいですが、その反面

容赦ない暑さからの危険もいっぱいなのです。

暑さ対策を忘れると大変なことになってしまいます。

紫外線も強い真夏のディズニー旅行ではどのような準備と対策が必要でしょうか?

夏ディズニー

東京ディズニーランド・ディズニーシーでは7月~8月にかけて夏のイベントが開催されます。

夏祭り~♫

ミッキー、ドナルド、グーフィーなどディズニーキャラクターたちの

かわいいはっぴ姿が見ることができたり、、水のショーを思いっきり楽しんだり、、


まさにお祭り気分で、活気のある魅力的な夏イベントです。

しかし、夏のディズニーでは気温30度超えはザラで40度を超えることだってありますから

尋常ではない暑さと紫外線攻撃を浴びることになります!!

万全の暑さ(UVも含め)対策をしていかなければ

せっかくの楽しい旅行が残念なことになりかねません。。。

特に以下ような方は十分にお気をつけくださいね!

普段、あまり外に出ることがない(車での移動ばかり)

すぐ疲れてしまう。。などあまり体力に自信がない

汗を大量にかくことが多い

小さな子供を連れていく

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒の旅行

natud04 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

体力のない方や、小さな子供さん、おじいちゃん・おばあちゃんにとって

長時間の夏ディズニーは過酷かも知れません。

友人のおばあちゃんはディズニーシーで熱中症で倒れ、救急車で運ばれたそうです。

ディズニー滞在中は病院で過ごしたのだとか・・・。

「暑さ」を決して甘く考えてはいけません。

こちらの記事も参考にしてください

熱中症を軽く考えてはいけない ~ 体験から学んだ予防と対策!


夏ディズニーでの持ち物


natud05 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!
夏のディズニー旅行で用意しておきたいものをご紹介します。

ステンレス水筒

natud01 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

熱中症を防ぐためにも、夏場の水分補給は「絶対!!」です。

ディズニーランド、ディズニーシーでは基本的に飲み物の持ち込みは

禁止とされていますが、水筒は特に注意されることはありません。

できるだけ氷をたくさん詰めて持っていかれることをおすすめします。

氷があれば、飲み物がなくなっても補充することができます。

荷物は少々重くなりますが、健康には代えられませんよね。

夏のディズニーでは、できれば一人一本持っておきたいものです。

タオル

夏のディズニーでは、タオルも数種類必要かと思います。

汗拭きタオル
これを忘れる人はまずいないと思いますが、、、

夏のディズニーではハンカチ程度では汗拭きとしての機能を満たしません。

当日、パーク内でお気に入りを購入しても良いと思いますが、汗拭きタオルをどうぞご用意ください。

暑さ対策タオル
natud02 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

このようなひんやりタオル。

水に浸したり、保冷剤を一緒に使用することで涼しさを感じる事ができるタオルです。

首に巻いておけば涼しい、さらい日除けにもなります。

バスタオル?!
夏のディズニー・ウォータープログラムでは水でびしょ濡れになることも??

パークにはイベント用に用意されたポンチョや帽子付きバスタオルなども

販売されていますので記念にそちらを購入しても良いですね!

着替え

夏のディズニーで汗をかかない人はいないですよね。

大量に汗を掻くので、Tシャツの着替えがあると少しでも心地よく過ごせるでしょう。

汗対策の他、上記でも触れたウォータープログラムでは

びしょ濡れになる可能性もあるため、その着替えとしても考えておくと良いですね!

パーク内にもかわいいTシャツがメンズ、レディーズ、キッズと

サイズ豊富にたくさんありますよ!

そんなショッピングも楽しんでみてください。

羽織りもの(UV加工のものであればなお良い)

開園から閉園までディズニーを満喫したいという方

羽織りものを忘れないでくださいね。

夜になると肌寒さを感じることがあります。

ディズニーランド・ディズニーシーの横は海。。。

気温が下がるとともに、海風にさらされることも多く

そんな時には「風邪」をひかないためにも、一枚羽織っておかれるといいですよね。

また、UV加工が施されたものであれば、昼間のパレード、ショーを待っている時間に

日除けとしても役立ちます。ぜひ、準備されることをおすすめします!!

うちわ・扇子

あれば便利なものです。

うちわ・・となると荷物的にかさばってしまうので扇子をおすすめします。

夏ディズニーでは、パーク内にもかわいい扇子が販売されていますし

もちろん、100均などの商品でも構わないので手持ちのバッグ

すぐに取り出せる場所に入れておかれると必ず重宝します。

防水のためのビニール類

意外と忘れがちなアイテムになります。

しつこいようですが、夏ディズニーのウォータープログラムでは

びしょ濡れになることも珍しくありません。

natud06 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

私たちがびしょ濡れ・・ということは、持ち物も一緒にすぶ濡れになるということです。

カメラ、スマホなどの精密機器が使えなくなる・・という危険性があります。

プログラム開催中は、バッグごとビニールに包んでおくのが

精密機器を守る方法だと思います。

ミッキーやミニー、キャストさんの撮影に夢中で

気づくと高額なカメラが使えなくなった・・などとならぬ様、注意してくださいね!!

レジャーシート(厚めのもの)

東京ディズニーランド・ディズニーシーの魅力の一つでもあるしょーやパレード!!

それを見るためだけに行くこともありますよね。。。

しかし、待ち時間は十分な注意が必要となります。

夏以外の季節は普通にレジャーシートを持っていけば良いのですが

夏ディズニーではアスファルトが熱しています。(火傷しそうなくらい・・)

普通のレジャーシートでは、熱くて座っていられないと思うのです。

そこで、少し厚みのある折りたたみ式のレジャー座布団

natud03 min - 夏のディズニーを楽しむために 暑さ対策は必須 〜 準備するものまとめ!!

このタイプのものをおすすめします。

折りたたみ式ザブトンの上にタオルなどをかけて使用するといいですね。

紫外線対策アイテム

夏ディズニーでは、一日炎天下で遊ぶわけですから

紫外線対策を怠ると火傷のような症状になります。

帽子・日傘・サングラスなどを忘れずに。

すべてUV加工されたものが望ましいですね。

また、日焼け止めクリームも塗り忘れる事がないように。(年齢関係なく!)

朝からずっと付けっ放しでは効果が薄れるので、途中で塗り直しされることをおすすめします。

こちらの記事にまとめていますので、参考にしてください
日焼け止めの塗り直しってどうしてる? ~ どんな方法が効果的なの?

また、ボディーシートなどもあると役立つと思いますよ。

いかがですか?

夏の東京ディズニーリゾート旅行は荷物がかさばるものと思われます。

が!!!

本当に必須ですよ。軽く考えると泣くハメになります。

どれも省けない様な気がします。

手抜きせず、万全の「暑さ対策」準備で夏ディズニーに臨んでください!!

「たくさん遊べて、かわいいディズニーキャラクターに会えて、楽しかったーー」

良い思い出となりますように。


ゴールデンウィーク ~ 費用節約で子供と一緒に楽しく過ごす方法!!

子供の甚平 浴衣が簡単にできる?!~ ディズニーデザイン生地2017年春夏の新作

目元のくまに悩んでいませんか? ~ アイクリームを試してみるのもいいかも?

ディズニー 晴雨兼用日傘でUVカット ~ 雨傘との違いも気になる!?

大人のかき氷器って知ってる? ミッキーシルエットデザインが話題ですよ!!

ミニーマウスルーム ~ 憧れてやまないミニー尽くしのお部屋が私にも作れる?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcutelove_netをフォローしよう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。