“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

スポンサーリンク

ディズニーランド、ディズニーシーは家族の思い出作りに絶好のテーマパークです。

子どもだけではなく、大人も一緒に楽しめるということが一番大きな理由でしょうか?

舞浜近郊に住んでいる方は、幼い頃から慣れ親しんだディズニーリゾートで色々とわかりいますが、遠方にいると初めての子連れディズニー旅行は、気になることもいっぱいですよね。

そこで、子どもを連れてのディズニーデビュー、年齢や持ち物、おすすめ時期やアトラクションなどについてお伝えしたいと思います。

子どものディズニーデビューは何歳?

遠方からのディズニーデビューとなると、日数も費用も大掛かりなものとなりますので、デビュー年齢が一番大きな悩みとなりますよね。(裏技情報などはあるととても助かる。)

ディズニーランド、ディズニーシーともに、入園制限年齢はありませんので基本的には何歳からでもOKです。

ですが、住んでいる場所、行く人数、アクセス手段によってもディズニーデビューの年齢って変わるでしょう。

そこで、こどものディズニー入園について知っておきたいことをご紹介させていただきます。




3歳以下は無料
パークチケットが3歳以下では無料です。

これはぜひ、知っておきたいことですよね。

4歳になると小人料金が必要になります。

1デーパスポート:4.800

2デーパスポート:8.600

3デーマジックパスポート:11.500

4デーマジックパスポート:14.400

特に遠方からディズニー旅行される場合は、2デーパスポート、3デーパスポートを購入されるでしょうから、この費用は大きいですよね。(費用の悩みはクリアしておきたい。)

B型ベビーカーはレンタルできる
子ども連れで欠かせないのは「ベビーカー」

そして、公共機関においても、ベビーカーの移動が一番大変なんですよね。

ディズニーランド、ディズニーシーはどちらも「1.000/日」でレンタルすることができます。

有料ではありますが、これは子ども連れには嬉しいサービスです。

しかし、B型であることから利用制限があります。

「身長100cm、体重15㎏までで、一人座りができるお子様」

子供のディズニーデビューにおいて、遠方の方は特に、大きなポイントとなるのではないでしょうか?

迷子設備が整っている
人の多さは半端無いパークですので、迷子はとても心配ですよね。

ディズニーランド、ディズニーシー、どちらにも「迷子センター」が設置されています。

あってはならないことですが、万が一コドモさんが迷子になったら、近くにいるキャストさんにその旨伝えるとすぐに手配をしてくださいます。

迷子センターはコドモは不安なく過ごせる部屋になっていますので、もしもの時は安心です。

マップや直接行って事前に場所を確かめておくと良いですね。

ディズニーランド
kodure07 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

ディズニーシー
kodure08 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

また、迷子シールというものもありますので、入園後すぐに子どもさんに貼ってあげると良いですよ。٩(ω’ )و

迷子シールがもらえる場所

ディズニーランド

迷子センター

メインストリート・ハウス

ベビーカー&車イス・レンタル

ベビーセンター

トゥーンタウン・ベビーセンター

ディズニーシー

迷子センター

ゲストリレーション

ベビーカー&車イス・レンタル

ベビーセンター

安全第一を心がけるディズニーランド、ディズニーシーです。

この情報にご家族の状況をプラスして、デビュー年齢を決められてはいかがでしょうか?

子供のディズニーデビューについては、こちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

(ディズニーデビュー年齢についてのお悩み、クリアできたでしょうか?)

▶︎ ディズニーの子供デビューは何歳? ~ メリットやデメリットを含めて考えてみよう!!

スポンサーリンク


子供連れディズニーデビューの時期(季節)は?

kodure02 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

正直、ディズニーランド、ディズニーシーともに全シーズンおすすめなのですが・・。

子ども連れのディズニーデビュー、特に赤ちゃんだったりすることを考えると気候の良い時期がオススメです。

風邪、インフルエンザなどによる体調管理、対処が難しいからです。

比較的、風邪をひきにくい季節を選ばれるのが良いかと思います。

個人的には「春」がおすすめ。٩(ω’ )و

ぽかぽか陽気
暖かいのはもちろんですが、春のぽかぽか陽気は人を行動的にさせてくれるため、子ども連れでもサクサク動けるのです。

パパやママにとってもおすすめの時期。

また、子供さんも暑すぎず、寒すぎず・・で過ごしやいと思います。




比較的人が少ない
地元の公園や遊園地に比べると、圧倒的に人が多いです。

多い中でも、春(入園、入学後)は少ない方だと感じます。

春休みが終わり、幼稚園、学校が始まると、皆が日常の生活に追われるからです。

その時期に旅行の計画を立てる人は少ないのですよね。

未就園児のディズニーデビューには、とてもおすすめの時期です。

ただし、ゴールデンウィークが近づくと徐々に人が増えていきますので、その前後ということになります。

5月後半にもなると気温が上がるため小さな子供さん、特に赤ちゃんは「熱中症」に注意となってしまいます。

狙い目は4月中旬、5月中旬くらい!!

お花がきれい
ディズニーランド、ディズニーシーにはたくさんの植物が植えられています。

もちろん、お花もたくさんの種類があるのですが「春の花」はとても可憐だと感じます。

パークのいたるところに、淡い色の花がアレンジされていて、とても可愛いのです。

自然のものを観て「かわいいね」「きれいだね」という会話を持つこともできます。

自分は、この感情がすごく大切だと感じているんですよね。

待ち時間が少なめ
比較的人が少ない分、アトラクションたグリーティングの待ち時間少なめです。

平日だと、人気アトラクション(スプラッシュマウンテン、プーさんのハニーハント、モンスターズインク)が20~60分、トイストーリーマニアで90分待ちくらいです。

大混雑日のトイストーリーマニア・ファストパス(FP)は、開園後すぐに終了してしまうほどの多さです。

混雑日に比べて、はるかに待ち時間が減りますよね。(これは裏技に匹敵する嬉しさですよ。)

小さな子どもにとって「待つ」ことほど、苦痛なものはないと考えます。

アトラクションやグリーティングをたくさん楽しみたいなら、春の平日がお勧めです。

ファストパス(FP)をうまく活用しながら楽しむことができますよ。

kodure04 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

一つ注意点をあげると。

この時期は朝晩の寒暖差が激しい時期です。

寒くなった際のジャケット、またはブランケットなどを忘れないようにご注意ください。

トレーナー、パーカーなどで寒さを攻略しましょう。(パパやママも忘れずに!!)

スポンサーリンク


子供連れディズニーデビューの際の持ち物

通常でも、子供連れで出かける際は大荷物になるものですよね。

ディズニーランド、ディズニーシーではさらに荷物が増えると考えておかれて良いでしょう。

パーク内は、こどもにとって魅力的なグッズがたくさんあります。

赤ちゃんでない限り、いろいろなものを欲しがります。

この感情は大人にもありますから、仕方のないことですよね。

ぬいぐるみ、ポップコーンケース、おもちゃ、バルーン、エレクトリカルパ レードグッズと次々に荷物が増えていくことが考えられます。

最終的には、その荷物を親が持たされることになるので、入園時の荷物は極力抑えたいところですね。

kodure03 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

では、子ども連れディうにーで最低限必要な荷物とは?

子どもに必要なもの(ミルク、離乳食、紙おむつ、おしりふき、ビニール袋など)

スマホ、カメラ、ビデオなどの撮影機器

充電器(モバイルバッテリー)

パレード、ショー待ち用のレジャーシート(折りたたみ椅子など)

羽織りもの(ブランケット、バスタオルなど)

ウエットティッシュ

ハンカチ、タオル

チケット

お財布

雨具(事前に天気を調べよう!)

こんな感じでしょうか?

春、秋、冬の3シーズンはブランケットが必要かな?と考えます。

日中は暑くても、朝と夜の気温差がかなりあります。

開園待ち、夜のパレードなどを観る予定があれば、準備されることをおすすめします。

特に小さなお子様は「お昼寝」をしてしまうことが予想されますので、ブランケット、またはバスタオルが必要です。

スポンサーリンク


ちなみに、ブランケット、バスタオル共にディズニーランド、ディズニーシーで販売されています。

ミッキーやミニー、ドナルドやデイジー、またダッフィーフレンズなどのキャラクター入りグッズが欲しい場合は、パーク内で購入するのもおすすめです。٩(ω’ )و

ただ、4月になると購入できるブランケットの数も少なくなりますのでご注意ください!!(秋から冬にかけて、デザイン豊富にあります。)

パークを出る際、荷物がかさむことを想定して、大きめのエコバッグを持参されると良いですね。

また、パーク内ではショッピングバッグが販売されているので、購入されるのもオススメです。

kodure06 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

有料ですが、自宅に戻った後も活躍しますので購入しても損のないバッグだと思います。

(小さい子ども連れのお出かけには、攻略グッズとなります。)

子供連れにおすすめのアトラクション

子供さんの年齢によっても異なりますが、動きの緩やかなアトラクションは全般OKですよ。٩(ω’ )و

おすすめアトラクションの例を挙げてみますね。




ディズニーランド

ファンタジーランド

キャッスルカルーセル(約2分)

ピーターパン空の旅(約230秒)

空飛ぶダンボ(約130秒)

ピノキオの冒険旅行(約2分)

プーさんのハニーハント(約430秒)

イッツ・ア・スモールワールド(約10分)

トゥーンタウン

エリア全体

アドベンチャーランド

スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”(約10分)

カントリーベア・シアター(約15分)

ウエスタンリバー鉄道(約15分)

トゥモローランド

スティッチ・エンカウンター(約12分)

・モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”(約4分)

ディズニーシー

メディテレーニアンハーバー

トランジットスチーマーライン(約6分)

ポートディスカバリー

エレクトリックレールウェイ(約230秒)

ニモ&フレンズ・シーライダー(約5分)

アラビアンコースト

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(約10分)

マジックランプシアター(約23分)

ジャスミンのフライングカーペット(約130秒)

アメリカンウォーターフロント

タートル・トーク(約30分)

マーメイドラグーン

エリア全体

以上、あまり動きの激しくないほのぼのとしたアトラクションを選んでみました。

他、ディズニーリゾート公式ページを見ると、各アトラクションの紹介が記載されていますので、そちらを参考にしていただくのも良いかと思います。

スポンサーリンク


子供連れディズニーデビューの注意点

kodure05 min - 子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法〜年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなど

ベビーカーの取り扱い
ディズニーランド、ディズニーシー共に、エントランスからとても混雑しています。

楽しく、ワクワクするので急ぐ気持ちはわかりますが、ベビーカーを押して急いだり、走ったりするのはとても危険です。

子供への危険だけではなく、他の来園者にも危険が及びます。

ベビーカーは四輪ありますので、前輪が通行中の来園者に引っかかったり、誰かを押したり・・という光景をよく目にします。

怪我や事故が起きると、楽しいはずのディズニー旅行がブルーになってしまうので、十分気をつけてくださいね。

子どもが載っている、周りの方への配慮を忘れずにベビーカーを進めてください。

子どもの機嫌がが悪くなったら?
レストラン、シアター形式のアトラクション内で、子供の期限が悪くなることがあります。

暑い、眠い、お腹が空いた、疲れた、様々な理由で期限が悪くなるのは仕方のないことだと考えます。

ただ、他に楽しんでいらっしゃる方への配慮を忘れずに!!

食事を楽しんでいる、アトラクションを楽しんでいる時に、大声で泣き叫ぶような時には一度退室し、子供の機嫌が良くなったら再び室内へ・・などの心遣いが必要だと感じます。

それでも子供さんが泣き止まない場合は、救護室を利用することも必要かも知れません。

子供さんの状態をよくみてあげてくださいね。

家族仲良く
アトラクションやグリーティングの待ち時間が少なくても30分前後はあります。

時間の経過につれ、どうしても疲れが出てしまい、イライラする親子もお見かけします。

子供が怒鳴られていたり、パパとママが喧嘩していたり・・・。

家族で楽しむために計画したディズニー旅行ですから、どうぞ心を広く、の~んびりと待ち時間を過ごしてください。

疲れた場合は、レストランで休憩したり、パーク内の椅子に座ったり、休憩をしてくださいね。

家族間のいや~な雰囲気はまわりにも伝わることを忘れずにいたいですね。

子どもから目を離さずに
日常とは違う場所、大好きなディズニーキャラクターがいる場所、楽しい乗り物がたくさんある場所・・、子供が興奮するのは当然のこと。

嬉しさ余って、思いがけない行動をとる子どもさんもいらっしゃいます。

ケガや事故に繋がってしまうと、せっかくのディズニー旅行が台無しです。

楽しい時間を満喫するために、しっかりと子どもさんをみてあげてください。

直営ホテルをお勧め
早朝から全力で楽しむ子供たち。

お昼を過ぎると眠くなったり、疲れからご機嫌斜めになるのは当然だと言えます。

子供連れディズニーで宿泊される場合は、パークから近いホテルミラコスタ、ディズニーランドホテルでの宿泊がお勧めです。

一度、お部屋に戻ってお昼寝したり、休憩して、再度入園することが可能だからです。

ホテルだと、パパやママもゆっくり休憩することができるので気分も体力もリフレッシュできます。

ご予算などもあるかと思いますが、子供連れディズニーデビューにはディズニー直営ホテルでの宿泊が安心だと思いますよ!!

→東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

→東京ディズニーランドホテル

子供連れ【ディズニーデビュー】について、年齢や持ち物、おすすめ時期やアトラクションなど、気になることについてお伝えさせていただきました。

子供さんがどの年齢でディズニーデビューしても、思い出に残る楽しいデビューになること間違えありません。

パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんもこども以上に楽しいディズニー時間を過ごしてください。

スポンサーリンク


・【ホテルユーラシア舞浜ANNEX】ディズニー旅行のコストを抑えたい方におすすめ~料金、アクセス方法、無料シャトルバスについてなど

・ディズニー旅行を【格安】にする簡単な5つの裏技!!絶対お得だからやらなきゃ損

・ディズニー旅行にはおすすめの【前泊】そのメリットや過ごし方、おすすめホテルなど。

・ディズニー旅行の「持ち物」はスーツケース8割空っぽがおすすめ~必要なものリスト!!

・「東京ディズニーリゾート アプリ」 ディズニー旅行には必ずダウンロードすべき必須アプリ

・【ディズニー旅行】長い待ち時間の過ごし方や待ち時間を減らす方法

・【ディズニー旅行攻略ガイド】東京ディズニーランド ディズニーシーを100%楽しむための情報まとめ

子供連れ【ディズニーデビュー】攻略法~年齢、持ち物、時期、おすすめアトラクションなどを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcutelove_netをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。