“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

夏のフルーツ 〜 果物の効能や効果的な食べ方、ランキングなど。

スポンサーリンク

女の子はフルーツ(果物)大好き!!

フルーツパフェ、フルーツケーキ、フルーツゼリー

「フルーツ」と名のつく食べ物にどうしても気持ちが傾いてしまいます。

汗をかき、喉が乾く夏にも「くだもの」の果汁が恋しくなりますよね。

みなさんはどのような「くだもの」がお好みですか?

暑い夏、フルーツを効果的に食べて生き生きと過ごしたいですね!

果物は健康に良い

fru01 - 夏のフルーツ 〜 果物の効能や効果的な食べ方、ランキングなど。

種類によって割合は違いますが、どのくだものにもビタミンCが豊富に含まれています。

新鮮な生フルーツを食べることで体内にビタミンCを摂取することができるという

嬉しい効能があるのはみなさんもご存じかと思います。

ビタミンCには、どのような効能があるのでしょうか?

コラーゲン生成を促します。
コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ接着剤のような役割を果たしています。

コラーゲンが正常に生成されることで、強い歯茎や血管

骨や筋肉などの各器官を作ルことができます。

免疫力を高めます。
ビタミンCは、 白血球の働きを強化し、さらには自らも体内で感染を除去する働きをします。

風が流行りやすい時期こそ、フルーツをたくさん食べてビタミンCを摂取したいですね。

発がん物質を抑える効果があります。
ビタミンCは、発がん物質と考えられるニトロソアミンの生成を抑制し

抗がん作用があるとして知られているインターフェロンの生成を促進すると言われています。

また、ビタミンCは抗ストレスビタミンとしても期待されています!!

このように、肉体的、精神的にも効能あるビタミンC

くだものを食べることにより摂取することができるのです。

美味しい上に、この効能ですからフルーツは優れものですね❤︎

関連記事:ぶどう狩りは熊本【観光農園 吉次園】~50分食べ放題が大人1.080円から楽しめる~注意点やおすすめカフェなど

夏の果物

fru03 - 夏のフルーツ 〜 果物の効能や効果的な食べ方、ランキングなど。

今は、ハウス栽培など農業技術が進んだことで季節に関係なく

どんなフルーツでも食べることができますよね。

夏にりんごを食べることもできるし、冬にマンゴーを食べることだってできる!!

でも、どの季節にどんな果物が育っているのかよくわからなくなることがあります。

暑い夏に育つフルーツってどんなものがあるのでしょう?

夏の果物、代表的なものをあげてみたいと思います。

梨(ナシ)
日本のナシには「赤梨」「青梨」の2つがあります。

赤梨は水分をたっぷりと含んだ果実で、青梨はシャキシャキ感を楽しめるものですね。

桜桃(サクランボ)
日本で流通しているさくらんぼには、国産のものとアメリカ産があります。

アメリカ産の方が甘味が強く、国産の方がさわやかな甘酸っぱさを持っています。

葡萄(ブドウ)
ぶどうには、10000種以上の品種があると言われています。

日本で商業販売されているぶどうは、このうちの50~60種ほどだそうです。

暑い夏、個人的にはよく冷えた「巨峰」が好きです。

メロン
赤肉は夕張メロンやクインシーメロン

青肉ではアールスメロンやアンデスメロン

白肉にはホームランメロンなどがあります。

桃(モモ)
日本の桃の元祖は岡山県の「白桃」です。

ジューシーでなめらかな食感の日本の桃は、世界でも評価されるほどの逸品です。


マンゴー
南国フルーツの代表といえるマンゴー。

熟したマンゴーは果汁が多くなめらかな口当たり。

特有の香りと濃厚な甘味を楽しむことができます。

ブルーベリー
ブルーベリーは眼の健康維持や老化予防

がん予防などに効くのではないかと期待されていますね。

小さな甘酸っぱい果実はケーキやジャムなどの材料としても人気です。

ブルーベリーは、補助食品(サプリメント)などもたくさんありますね!

ライチ
楊貴妃が愛したフルーツとしても有名ですね。

中華料理を食べに行くと、食後のデザートとしてライチが出てくることが多いですよね!

もちろん、夏のフルーツはまだまだたくさんありますが、、

どれも魅力いっぱいの果物。

生で食べても良し、スイーツにしても食欲をそそるものばかりですね!

お肌に良い夏のフルーツ

マンゴー
完熟したマンゴーにはカロテンが豊富に含まれています。

カロテンは、皮膚や粘膜を強化する働きを持っています。

お肌に良いとされるのは、紫外線によるダメージを受けにくくする効果や

角質層の再生効果があるからです。

マンゴーは夏の代名詞ともなるフルーツですね。

カロテンは、人参・大根・キャベツ・ごぼう・なす・かぼちゃなど

野菜にも含まれています。

ブルーベリー
ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分には抗酸化作用があり

目の疲労改善に効果があるとされています。

アントシアニンは目だけでなく、肌細胞を再生することができるとも言われています。

スイカ
スイカは瓜科なので正式なフルーツではありませんが、、

みなさんもよくご存知でしょうが、スイカは強力な抗酸化力を持つリコピンとβ-カロテン

体内の水分量を調整するカリウムを豊富に含みます。

利尿作用もあり、むくみ予防にも効果的です。

フルーツを効果的に食べる

フルーツは私たちの体にとって、最も消化しやすい食べ物です。

空腹時に生フルーツを食べると

およそ3040分で消化されて身体のエネルギーへと変わります。

しかし、食後のデザートなどとしてフルーツを食べると

胃の中で消化されていない食事が残っているため

フルーツが消化されず、長く胃に留まることになり

場合によっては、消化されないまま腸へと入ってしまうことになります。

フルーツを効果的に食べるには空腹時に食べるのが一番良いということです!!

総合的に考えると「朝一番のフルーツ」が、私たちの体への効果があると言えませんか?

私たちは寝ている間にも、カロリーを消費しています。

朝起きた時は、当然お腹も空いています。(空腹時)

ということは、フルーツ摂取に最も最適な時だと考えられますよね?

朝のフルーツは、美容面だけではなく、エネルギー摂取としても効果があるのです。

みなさん、ご存じでしたか??

夏のフルーツランキング

fru02 - 夏のフルーツ 〜 果物の効能や効果的な食べ方、ランキングなど。

Niftyさんのアンケートによると

暑い夏、食卓に並ぶと嬉しい果物は?

1.スイカ

2.もも

3.メロン

4.

5.ぶどう(巨峰)

6.さくらんぼ

7.パイナップル

8.びわ

9.マンゴー

10.グレープフルーツ

となっています。

確かに、この果物たちを思い浮かべると同時に「暑い夏」をイメージできますね。

汗を掻く夏は、他の季節に比べると喉が乾くため、水分補給が必要になります。

私たちの体は無意識にその「水分」を求めているのでしょうね。

ジューシーなくだものが上位を占めていますよね!

喉が乾く時期、ジュースなどをたくさん飲むよりも、自然な果汁で水分を補うのも

美容と健康のためにはとても必要なことかも知れません。

何よりも、果汁は栄養が豊富です。

女性にはこの上ない喜びが秘められた「水分」でもあるのです。

美味しいフルーツを食べて、エネルギーをもらい

美しい肌を維持することができたり、健康な体を維持できるのなら

暑い夏も、たくさんのフルーツを楽しみたいですね!!

みなさま、フルーツを効果的に食べて暑い夏を元気に乗り越えましょう。

ミッキーのチョコパイ|美味しい 簡単 かわいいパイの作り方!!

大人のかき氷器って知ってる? ミッキーシルエットデザインが話題ですよ!!

Tシャツを楽しむ ~ ミッキー&ミニー Tシャツ25点 大集合!!

キデイランド|オリジナルデザイン ディズニー「大人枕カバー」が登場します!

ミッキーマウスが珪藻土(けいそうど)でバスマットに?!

エテュセのコスメ!!女の子のかわいい❤︎をディズニープラスで演出!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcutelove_netをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。