“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

三次元マスク ディズニーデザイン 〜 マスク着用のメリットを活かして風邪の季節を乗り越えたい!

スポンサーリンク

冬になると、風が流行る季節になります。

風邪、インフルエンザ、また花粉症の予防で、マスク姿が一段と多くなる時期ですね。

今ではマスクの種類もたくさんあり、高機能なマスクからファッション性の高いものまで様々なデザインのマスクがあります。

美容向けのマスクも販売されており、私たちの生活は一昔前とは一変しています。

せっかく豊富にあるマスクですから、正しい使い方や効果を知って使いたいですね。

三次元マスク ディズニーデザイン

エチケット志向の高まりや「乾燥」「防寒」対策などといった用途の多様化により、常日頃マスクを着用する機会が増えています。

子供から大人までが着用するマスクの「見た目」や「デザイン性」を重視される方が増えてきました。

そこで、ディズニーデザインの可愛い三次元マスクなのです。

ディズニー 三次元マスク
ミッキーマウス(ふつうサイズ 5枚入り)

ディズニー 三次元マスク

ミニーマウス(すこし小さめSサイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク

ディズニープリンセス(こども用サイズ)

三次元マスクは、空気中の微粒子(0.0001mm0.1μm)を99%カット、銀系抗菌フィルターにより表面の菌の増殖を抑制してくれます。

口元の空間がキープされることで息苦しさやが解消されたことに対し、ほおにできやすい隙間は低減し、ウイルス飛沫や花粉の侵入を強力にブロックできるのでミニーちゃんがかわいいだけのマスクではありません!

5層構造フィルターが「ウイルス・かぜ・花粉・PM2.5等、空気中の微粒子」を99%カットする安心な国内産のマスクになっていますよ。

お値段は購入するショップによって多少違いがありますが、300~500円の範囲で販売されているようです。

そんなKOWA(興和)さんの三次元マスク・ディズニー デザイン コレクション第2弾が、201791日(fri)に発売されました。

ディズニーデザイン3種類、パッケージに「シンデレラ」「アリエル」をデザインした「小さめ」サイズ2種類と、「ディズニープリンセス」5人をデザインした「こども用」サイズ1種類の全3種類の“プリンセス”デザインが追加ラインアップされました。

ミッキー&ミニー(ふつうサイズ5枚入り)

muk05-min

ディズニー 三次元マスク

くまのプーさん(すこし小さめサイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク

ディズニー 三次元マスク

ミッキー&フレンズ(こども用サイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク ディズニー 三次元マスク

シンデレラ(小さめSサイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク ディズニー 三次元マスク

アリエル(小さめSサイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク ディズニー 三次元マスク

プリンセス(こども用サイズ5枚入り)

ディズニー 三次元マスク ディズニー 三次元マスク

シンデレラ、アリエルと「小さめSサイズ」が新しく追加されたのは、女の子には嬉しいですね。

毎日着用するからこそ、色々なデザインを楽しみたいというおしゃれ心も満たされそうです。

皆さま、ぜひ新しい三次元マスク・ディズニーデザインで憂鬱な冬、寒い冬を思いっきり楽しんでくださいね❤︎

ママも子供も三次元マスク ディズニーデザインで風邪の季節を乗り越えましょう。

KOWA・三次元マスク


マスクをするメリット

私たちが小さいころ、風邪が流行る秋から冬にかけ、また学校の給食時くらいしかマスク着用姿を見かけませんでしたが、最近では真夏でもマスクをする人が多くいらっしゃいます。

「暑いだろうに~」と思われる方もいますよね?

では、マスクを着用するとどのようなメリットがあるでしょうか?

風邪予防

そもそも「風邪をひく原因」はウィルスや細菌に感染することです。(決して寒いからではありません)

一般的なマスクはガーゼや不織布(ふしょくふ)でできていますよね。

細菌やウィルスはガーゼや不織布の編み目よりもずっと小さいので、風邪の細菌やウィルスがまん延している中で通常のマスクをつけていても感染そのものを防ぐことはできません。

ただ、飛沫(ひまつ)感染を防ぐことができるのです。

飛沫感染とはだ液や鼻水と一緒に飛び散って感染することです。

マスクを着用することで飛び散ることが防げるため、ウィルスや細菌を感染させたり、感染することを防ぐ効果が期待できます。

花粉症対策

花粉症は空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞にくっつき、再びアレルゲンが侵入することでヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

ですので、花粉を完全カットすることが必要となります。

ウィルスを予防する99%カットの三次元マスクは、その200倍も大きい花粉は防げることになるので花粉症対策がしっかりとできるはずですよね。

効果がない場合は、頬・あご・鼻に隙間がないか、確認することが大切です。(隙間からも花粉は侵入します)

その他、花粉症対策メガネなども併用されると良いでしょう。

保湿効果

風邪予防や花粉症対策にマスクを使用するほか、加湿効果がないタイプでも自分の吐く息がマスク内に留まることで、肌を乾燥から守ることができます。

自分の吐く息で保湿効果が期待でき、美容的な効果もあるというわけです。

化粧水、保湿クリームほどの高い効果を得られなくても、乾燥した空気によるお肌の乾燥を防ぐことは確かです。

中には保湿効果のあるマスクもありますので、そのタイプを着用することでさらに効果が高まると思います。

表情隠し

特に病気でもなく、アレルギーが発症しているわけでもないのにマスク着用している人も多いのですが、マスクは自分の顔や表情を隠すことができます。

女性はメイクをしていないすっぴんの時などにお役立ちアイテムですよね。

またSNS投稿用に「顔かくし」としてマスクを利用する方も増えています。

一口にマスクといっても、様々な活用法があり一つ一つメリットがあることがわかりますよね。

効果的なマスク着用

マスクをするメリットは大きなものですよね。

風邪の季節には、やはり「予防」という意味で大切なアイテムかと思います。

しかし、着用方法が正しくなければ効果を得ることもできません。

マスクは鼻までしっかりと

私たちは通常、鼻から息を吸って呼吸をしています。

ウィルスも細菌も鼻から侵入することは間違えありません。

鼻を出してマスクを着用しても、その効果は期待できませんね。。。

鼻全体をすっぽり覆い、かつスキマができないように注意しましょう。

清潔なマスクを

予防としてのマスクは使い捨てタイプをお勧めいたします。

特に外出から帰宅した後はすぐにマスクを外して処分することが好ましいです。

マスクには病原菌となるウィルスや細菌がいっぱい付着しているため、部屋中に菌を撒き散らしてしまいます。

繰り返し使う方が経済的ではありますが、清潔な状態で使うことが大切です。

また、マスクだけで安心するのではなく、うがいや手洗いなどもしっかりと風邪予防、花粉症予防のためにはあらゆる注意が必要かと思います。

家族への配慮も忘れずに

家族へのエチケットとして、自分が使ったマスクは責任持って処理するということも大切ですね。

テーブルに置きっぱなし、ゴミ箱から落ちていたりすると、それを触った家族にウィルスや細菌が感染することも考えられます。

風邪やインフルエンザが流行る時期は、みながウィルス感染に敏感になっていますので、「親しい仲にも礼儀あり」で、たとえ家族間でも感染への配慮は必要ですよ。

マスクについて、いかがですか?

自分の注意一つで毎日の生活を安心して過ごすことができます。

病気、アレルギーなどで辛い思いをしないためにも自己管理には十分気をつけたいものですね。


マンダム ディアフローラ リニューアル |ボディスキンケアにはミルク クリーム オイル どれがおすすめ?

ボディミストを使うメリット ~ フェルナンダ(FERNANDA) ディズニーデザイン

スチームクリーム 2017|ディズニー限定デザイン缶の第4弾は ミキミニ&ドナデジ