“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

夏バテ? 食欲がないときに食べられるもの!!

スポンサーリンク

夏バテで食欲がない、、、

暑さで食欲が落ちる、、、

からだかだるく、元気がなくなり、やる気も起こらない。

気温が上がるにつれ、私たちを困らせる悩みですね。

暑さで体力を消耗する分、食べなければ!という思いとは裏腹に食べ物が喉を通らない・・辛い。

そんな経験ありませんか?

夏バテとは?

本来「夏バテ」とは、夏が過ぎて秋に体調を崩した際、暑い時期に体力が弱ったことにより体調を崩してしまう状態を意味するそうです。

私たちが一般的に考える「夏バテ」は本来意味しているものとは違うようですね。

ご存じでしたか?


私たちが一般的に「夏バテ」と言っている症状は高音・多湿という、日本特有の気候が影響しています。

私たちのからだは一定の体温を保とうとしてエネルギーを消費するのですが、これは私たちが考えている以上に、体に負担となってしまうのです。

元気(健康)であれば、問題なく乗り切ることができるのですが、食欲がなくエネルギー源を補充できなければ、負担に耐えられなかったり、長引いたりして体内の熱を外に出すことができなくなります。

体内の熱を外に出すことができなくなることから「夏バテ」の症状が現れてしまうのです。


夏バテの原因は?

夏バテ 食欲がない

自律神経の乱れ
私たちの体は暑くなると体温を保とうと、汗をかくなどして体熱を外へ放出しますが、これは自律神経の働きによるものです。

しかし、現代社会では冷房設備の整った涼しい屋内と暑い室外との温度差が激しく、体温を調節している自律神経の働きが乱れてしまうために夏バテの症状が現れます。

エアコンがなかった昔は猛暑による体力低下、食欲不振などだけが夏バテとされていました。

水分、ミネラルの不足
熱中症の症状にも多く見られる症状です。

水分、ミネラル不足はご説明するまでもなく脱水症状を起こしてしまいますね。

汗がたくさん出て体の水分とミネラル分を排出するため、不足した水分、ミネラルを補充しなければいけません。

栄養不足
暑さからエアコンの効いた室内にこもったり、冷たいものばかりを食べていると内臓機能が低下して食欲不振となってしまいます。

すると当然ながら栄養の吸収が悪くなるため、必要な栄養素が足りないことから体調を崩してしまうのです。

この結果、立ちくらみ、めまい、むくみ、微熱、吐き気、全身の倦怠感、

食欲不振、下痢や便秘など消化器官に不調が現れたり

自律神経の乱れからイライラ、無気力など精神的なダメージを受けることにもなります。

「夏バテ」について、皆さんの知識は正しかったでしょうか?

嫌だ嫌だ、考えるだけでゾッとしますね。

こんな症状は絶対に避けたいものです!!

猛暑の中、吹き出る汗や奪われる体力にただでさえ参ってしまうのに、本格的な「夏バテ」症状だけは絶対に遠慮したいところです。

とにかく食欲だけは失わないように、、というよりも、頑張って食べて必要な栄養素は入れておきたいですね。


夏バテに効果的な栄養素

夏バテ 食欲がない

ビタミンB1
うなぎ、豚肉、大豆、かつお、豆腐、、ごまなど。

三大栄養素の一つである炭水化物(糖質)を体内でエネルギーへと変換する役割を持った補助的な栄養素です。

疲労回復、神経機能の正常化や心臓機能を守る働きもあります。

ビタミンA&ビタミンC
にんじん、かぼちゃ、赤ピーマン、黄ピーマン

キウイ、じゃがいも、モロヘイヤ、ケール、明太子など。

季節に関わらず必要な栄養素の一つですが、体の抵抗力を高めてくれます。

風邪予防、がん予防、活性酸素を除去する働きも持っています。

たんぱく質
肉、魚、たまご、乳製品、豆製品など。

体を作るための主成分となる栄養素です。

ミネラル
海藻類、キノコ類、ほうれん草、納豆、魚介類など、

ミネラルは炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンに次ぐ大切な栄養素と言われ、

骨や歯などの骨格の形成、たんぱく質や脂質の成分となるなど体の構成部分としての重要な働きがある栄養素です。

アリシン
にんにく、玉ねぎ、にら、ねぎなど。

ビタミンB1を効率よく吸収するための栄養素です。

疲れをとるビタミンB1は余分に摂ると排泄されてしますのですが、アリシンと結合することで血液中にとどまり、疲労回復作用を高めてくれます。

クエン酸
レモン、梅干し、キウイ、グレープフルーツ、パイナップル、酢など。

運動やストレスなどにより蓄積される疲労物質「乳酸」を排出してくれるのがクエン酸です。

疲労を回復させてくれる栄養素ですね。

上記6種類が「夏バテ」に効果的とされる栄養素です。

しかし、これだけを摂取すれば良いということではなく、健康を保つためにはあくまでも、

すべての栄養素を満遍なく摂ることが大切でしょう。


食欲がない時に食べれそうなもの

夏バテ 食欲がない

夏バテに必要な栄養素を考えた上で、個人的に考えてみた食欲がないときに食べれそうなもの

サラダ(海藻サラダ、きのこサラダ、ほうれん草サラダなど)

フルーツ(果物全般)

酢の物(海藻が含まれていると良いですね)

冷製スープ(かぼちゃ、にんじん、じゃがいも、モロヘイヤなど)

夏バテ 食欲がない

「健康のために」頑張って・・・

ねぎ(薬味多めの)素麺やざるそば

餃子

オニオンスープ

冷製しゃぶしゃぶ

うなぎ

もしも、油物や固形物を見るのも気持ち悪い・・という場合は野菜やフルーツをミキサーにかけて飲み物(液体)にすることも可能かと思います。

できるだけ新鮮なものをミキサーにかけてくださいね。

毎朝、旬の野菜をミキサーにかけて野菜ジュースにして飲んでいるご高齢の方が

「健康の秘訣はこれかな?」とおっしゃっていましたよ。

とは言っても好きで飲んでいたわけではなく、ご主人に無理やり飲まされていたそうのだそうです。

でも、そのおかげで今の元気があると話されていました。

自分よりもはるかに年齢が上なのに、いつも元気で明るく、ハツラツと仕事をされているのが印象的でした。

夏の暑さから、食欲不振で食べられないってとても辛いことですよね?

自分の体力や元気が吸い取られていくのが手に取るようにわかります。

その結果、立ちくらみ、めまい、むくみ、微熱、吐き気、全身の倦怠感などの「夏バテ」症状は現れます。

ハツラツとした毎日を過ごすためにも「食べない」という選択肢はなしです。

食べられるものを、とにかく何でも体内に入れるように、、そして少しでも「夏バテ効果」があるものを食べることが大切です。

どんなに暑くても、アイス、ゼリー、ジュースなどの冷たい食べ物だけで食事を代用することがないように注意してくださいね。

仕事をするにも、家事をするにも、子育てするにも、勉強をするにも健康あってのことです。

健康を保ちながら「夏バテ」とは縁なく、全てのことを元気ハツラツと打ち込んでいけたらいいですよね。

参考までにこちらもぜひ、お読みください

4月に入ると気候も良くなり、気持ち良くなる反面 晴れた日には「暑いね~、暑いね~」と合言葉のような挨拶になりますね。 皆さん、暑さ対策・...

太陽の陽射しが本格的になってきました。 ドライブしただけなのに・・(運転も運動もしていない) 公園に行っただけなのに・・(ベンチに座って...

夏バテ? 食欲がないときに食べられるもの!!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


暑い夏に涼しさを与えてくれるものは ~ ディズニーのかわいさにも癒されて・・・。

疲れを残さないための工夫 ~ ディズニー音楽も効果あり!!

ミネラルウォーターの成分ってどう? ~ エビアン ディズニーデザインパッケージ登場!!

邪魔な髪の毛を簡単にまとめてしまう ヘアアレンジ ~ これで家事、育児、仕事に集中できる!!

Tシャツを楽しむ ~ ミッキー&ミニー Tシャツ25点 大集合!!

スポンサーリンク

シェアする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。