“ディズニー旅行を100%楽しむ方法”

あせもを防ぐには? 〜 あせもの症状はアトピー性皮膚炎とよく似ている!!

スポンサーリンク

朝は肌寒さを感じるのに、日中は顔が真っ赤になるほどの暑さ。

体温も上昇し、汗が出る季節になります。

汗によるお肌の炎症に悩まされる子供さんも多いでしょう。

遊び始めると夢中になる子供たちには、この頃から「あせも」の症状が・・。

お肌の清潔、保たれていますか?

あせも(汗疹)

あせも 子供

夏になると、鼻の頭に赤いプツプツができたこどもさんを見かけます。

あせもは首、頭、額、鼻の頭といった汗をかきやすいところにできます。

また、汗が乾きにくいひじの内側や脚のつけ根、ひざの裏側などにもできやすいです。

乾きにくい箇所だけでも、タオル等でしっかり汗を拭きとると良いのでしょうが

子供さんとなるとなかなか難しいですよね。

あせも(汗疹)は、あせをかくことで起こる肌のトラブルです。

高温多湿、日本ならではの夏。

ジワリジワリと汗をかきますよね。


もちろん、体温上昇が続けば汗も大量になります。

成人した大人と変わらない汗腺を持つこどもは、大人以上に汗をかきやすくなります。

皮膚にホコリが付着すると、汗を分泌する汗腺が詰まりやすくなり

皮膚の中にたまってしまうのです。

それが原因で水ぶくれができたり

炎症が起きて赤いブツブツになってかゆくなってしまうことがあります。

これがあせもと言われる症状です。

あせも(汗疹)の種類

あせもにも種類があることをご存じでしょうか?

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
小さくて透明な水ぶくれが大量にできます。

かゆみはなく、皮膚が細かくはがれて数日で自然治癒するため

あせもとしての認識なく治ることが多いです。

紅色汗疹(こうしょくかんせん)
かゆみの伴う赤井ブツブツがたくさんでき、中心に小さな膿が発生することもあります。

私たちが「あせも」として認識しているあせもは、この紅色汗疹です。

汗をかきやすい赤ちゃんに出やすいとされています。

紅色汗疹は、炎症を起こしかゆみを伴っているのでステロイド外用剤を処方されます。

炎症によるかゆみは心身的なストレスを与えてしまうため

抗炎症作用のあるステロイド剤で、炎症を治め、かゆみを和らげることで

ストレスを軽減し、掻き壊しを防ぐことができます。

子供さんの場合、かきむしると「とびひ」になる可能性もあるので

かゆみは早目に止めてあげたいですね。

かゆみがひどいと、大人でも気が狂いそうになります。。

個人的に、こんな時の一時的なステロイド剤は有効だと思っています。

いずれにしても、いちど専門医で受診することをおすすめします。

あせもを防ぐには?

汗は、私たちのカラダの老廃物を排出したり

あせをかくことで体温調節をしているので、健康を保つためには必要な機能なんです。

むしろ、汗をかかない方が良くないと言えるでしょう。

あせもを防ぐために大切なのは、汗をかいた後のスキンケアです。

上述しましたが、汗をかいたままにすると、汗を分泌する汗腺が詰まりやすくなり

汚れや垢が皮膚の中にたまりやすくなります。

これがトラブルの元になるのです。

汗疹 子供

あせをかいたら、シャワーで洗い流したり

清潔な濡れタオルなとで汗を拭き取ることが大切です。

子どもは汗のことより、他のことに夢中です。

スキンケアに気をつけることなどないでしょう。

そこで、汗をかいたら、学校から帰宅したら、

シャワーを浴びるよう促してあげる必要がありますね。

シャワーを浴びる環境になければ、着替えをするだけでも効果的かと思います。

肌を清潔に保つことが最善の予防でしょう!!


あせもの症状に似たアトピー性皮膚炎

現在「アトピー性皮膚炎」という病名は、私たちの日常に浸透してしまったと言えますね。

アトピーに悩まされている子供、大人がとても多くなりました。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、あせもの症状とよく似ていますが

アトピー性皮膚炎は「汗」だけが原因ではなく、アレルギーを起こしやすい体質の人や

皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気で

やはり、抗炎症作用のあるステロイド剤を使用することが多いですね。

おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、

わき、手足の関節の内側などに出やすく

赤みがあり、じゅくじゅくして引っかくと液体が出てくる

ささくれて皮がむける

長引くと皮膚が硬くなって盛り上がる

というような症状があります。

花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを

ご家族が持っている場合、体質を受け継ぐことが多いようです。

アトピーの方は皮膚のバリア機能が弱っているため、汗はもちろん

ひっかいたりこすったり・・という肌への刺激や石鹸、化粧品、紫外線などによっても

悪化する場合があります。

バリア機能の弱った皮膚を助けるには

季節に関係なく毎日のスキンケア(保湿)は欠かせません。

アトピースキンケア

皮膚の炎症が続くとそれに伴ってかゆみが増し、かいて引っかいてしまうことにより

炎症が悪化し、バリア機能もさらに低下します。

そうなると、外からの刺激をますます受けやすい状態になります。

かゆみに耐えきれず、泣き出してしまう子供さんも多く見かけます。

アトピー性皮膚炎は、日々のスキンケアがとても大切になります。

清潔に保つことプラス、

保湿・皮膚への刺激(石鹸・化粧品・紫外線など)を減らすことで

症状をコントロールしなくてはいけません。

小さい子供さんには、自分でコントロールすることが難しいので

まわりの大人がしっかりとケアしてあげなければいけませんね!

私ごとになりますが。

娘が生後6ヶ月ごろに「アトピー性皮膚炎」と診断されました。

顔、足、手が真っ赤になり、今思えば「かゆみ」と必死に闘っていたのでしょう。

赤ちゃんは言葉で訴えることができないため

毎日機嫌が悪く泣いていることも多かったです。

病院を転々としましたが、症状が良くなることはなく

石鹸、水、食べ物、漢方などあらゆるものを試しましたが

当時はどれも効果が現れることはなく、かわいそうな思いをさせました。。。

一年一年、歳を重ね、体が成長するごとにアトピーの症状が軽くなっていきました。

ただ、20歳を超え成人した今でも「完治」には至っておりません。

乾燥肌は続いていますし、石鹸、化粧品、ストレスなどで症状が悪化します。

肌が乾燥する冬になると、指、耳、関節の裏側が切れたり、ただれたりしますが

その都度、お薬と保湿で対処しているようです。

体の成長とともに、軽減はされるもののアトピー性皮膚炎が完全に治る・・・

というのは難しいのだと思っています。

自分の肌の状態を知り、症状に合ったスキンケアをしながら

上手に付き合っていくしかないというのが正直なところです。

娘に合った保湿剤は病院で処方されるヘパリン(ヒルロイド)のようですが

人によって様々だと思うので、やはり専門医と相談しながら

治療を進めることが大切ですね。

このように、、、

症状がよく似ているあせもとアトピー性皮膚炎、ケアの仕方やお薬の対応に

若干異なるところもあるので、どちらかわからない場合は

専門医を受診されることをおすすめいたします。

どちらにせよ、痒みを我慢することはとても辛いことです。

早く「痒み」から解放してあげたいものですね!


子供の甚平 浴衣が簡単にできる?!~ ディズニーデザイン生地2017年春夏の新作

子供の習い事を決める際に大切なこと ~ 継続にはどんな意味が?

日焼け止めの塗り直しってどうしてる? ~ どんな方法が効果的なの?

ディズニー 仕掛け絵本で子供の脳を活性化|知育にも最適 ふわふわフィギュアブック発売!!

母の日の贈り物は ディズニー フラワーギフト !!|日比谷花壇さんのお花アレンジが素敵❤︎

子供のお誕生会 ディズニー テーマで盛大に行われる理由とは?

スポンサーリンク

シェアする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。