スポンサーリンク

子供の習い事を決める際に大切なこと 〜 継続にはどんな意味が?

保育園、幼稚園、小学校も新学期を迎える春

新年度とともに「子供に習い事を始めさせたい」と思案中の方が多いと思います。

今、ピアノ、バレエ、サッカー、スポーツ、絵画、知育教室と

子供の習い事は数えきれないほど、たくさんありますね!!

皆さんは、子供さんのための習い事って、どのように選び、決められますか?

スポンサーリンク

習い事

子供も大人も、何か新しいことを始めたくなるのが「春」です。

気候も良く、清々しい気持ちになれることが多いからでしょうか?

自分に刺激のあることをやってみたい!

新しいことを始めてみよう!

習い事を探してみよう!

ワクワクして前向きな気分になりますよね。

うん、前向きに気持ちになれるこの時期、習い事を始めるにはとても良いですね。

子供 習い事

しかし、大人の私たちは自分の好みがわかるので習い事を探すことができますが

子どもの場合には、自分の好みを把握して自分で習い事を探すのは難しい事ですよね。

子供さんが小さければ小さいほど、ご両親の判断で「習い事」を決めていくことになります。

子供の習い事って、どのように決めれば良いのでしょうか?

子供の習い事選びって、どんなことを大切にしたら良いのでしょうか?


子供の習い事を決めるには?

毎日、子供と一緒に生活を共にするからこそわかる好み。

日々の子供さんの様子を見て

ボール遊びが好きだなー。

音楽に合わせて体を動かす事が好きだなー。

ペンやクレヨンを持って、描き描きする事が好きだなー。

歌う事が好きだなー。

おもちゃのピアノ(鍵盤)を触るのが好きだなー。

子供 習い事興味

親だからこそ、見える子供の「興味」

そこを習い事へ上手く繋げてあげたいですよね。

好きなことというのは、多少の困難があっても続けていく事ができると思うのです。

習い事の意義ほ一つとして「継続」が挙げられると思います。

習い事を続ける(継続する)ことによって得られるメリット!

普段見えなかった「能力」を引き出す事ができる

専門の教室(習いごと教室)に通う事で、子供の中に隠れていた「能力」を引き出す

プログラムを展開し、レッスン(授業・トレーニング)を進めていきます。

続けていく中で「あっ、この子にはこんな良いところがあったのね」という

気づきを得られます。

普段見えなかった「能力」ですね!

自己肯定感が育つ

続ける(継続する)ことで、少しずつ少しずつ「できる」ことが増えていきます。

そろばんなら「級」が上がったり、水泳なら「クラス」が昇級したり

バレエなら「トーシューズ」が履けたり

ピアノなら「テキスト」が進んだり、コンクールに参加したり・・・

それまでにできなかったことが一つクリアできると

子供の中に「自信」が芽生えていきます。

「自分にもできた」「自分にもできる」という自信が、自己肯定感を育てるのです。

小さな成果をたくさん重ねる事で自分を認める事ができるようになります。

コミュニケーション能力が育つ

習いごと教室に通うということは、少なからず「他人」と接することになります。

先生、監督、コーチ、お友達、仲間など、たくさんの人との出会いがあるわけです。

ご挨拶をしたり、悩みを打ち明けたり、仲間と一緒にグループ活動で行う習い事では

保育園・幼稚園・学校とはまた違うお友達もできます。

子供自身のコミュニティ(触れ合いの場)が広がっていきますね!

自立心を育てていける

習い事(教室)を初めたばかりの頃は、ママ、付き添いの方と一緒に教室へ行き

授業や練習、レッスンを受けていた子供が「続ける」ことにより

一人で通い、自分で練習をして、一人で授業や練習、レッスンを受けるようになっていきます。

心身ともに成長していきます!


子供の「好きなこと」がよくわからない?

子供 ならいごと

現在の「習い事教室」では、大抵が「体験レッスン」というものを開催されています。

子供の「好きなこと」がよくわからない場合はこの体験レッスンを利用するのも良いでしょう。

短い時間でも「習い事教室」の模擬授業(レッスン)を受ける事で

子供の興味がわかりますよね?

もちろん、人見知りや緊張から上手く模擬授業(レッスン)を受けれない場合もありますが

帰宅後にお話すると、子供の本音を聞く事ができますよ!

その本音から、ご両親が判断されても良いかと思います。

また子供の好きな事がわからない場合は、時期を待つということもできますよね!

親が子供への希望いっぱいに始めさせた習い事も

すぐに辞めてしまっては何にもなりません。

慌てて習い事を始めるのではなく、子供の気持ちを大切に「やりたいこと」が見つかるのを

待ってあげるのも大切なことだと思います。

「習い事」というのは、小学校のように同時スタートではありません。

その子、その子供で習い事を始める時期は様々で良いと思います。

親の思いだけで急いでスタートせずに、待ってあげることも「継続」する上では大切です。


習い事を続けると、どんな成果があるのでしょう?

スポーツ系の習い事では「体力がついた!!」という成果がダントツです。

また、文化系の習い事(ピアノ・学習塾)では「学校の授業でとても役立っている」

という成果が多く見られるようです。

これについては、決して文化系の習い事に関してだけではなく

水泳、サッカー、野球、ダンス、バレエ、それぞれの習い事が

授業の中で役立っていることだと思います。

子供の習い事

また、プラス効果として・・・

・勉強も運動も積極的に取り組む事ができるようになった

・習い事を通して親子での会話が増えた

・何事も積極的に取り組む事で毎日が生き生きとしているように思う

などが挙げられています。

「習い事」について総合的に考えると、どんな習い事をするか・・ということよりも

習い事をいかに継続するか・・ということが「習い事」をする大切さだと感じます。

続けることによって「人間形成」にもいい影響を及ぼし

その後の子供の生き方につながっていくのではないでしょうか?

もちろん、続ける事によりぐんぐん潜在能力を引き出しプロの道へと進んでいく

子供さんもいるでしょう。

それも「継続する」事ができた結果なのですよね!

ただし、「習い事」を続けるために、一つ考えておかなければいけないことがあります。

それは、経済的なこと!!

子供が「習いたい」ことは、親としてはできる限り習わせてあげたいものです。

しかし、習い事には当然「月謝」というものが存在する、、、無料ではありません。

先々、どのくらいの費用が必要なのか?

月謝以外にどのくらいの費用がかかるのか?

習い始めるために必要な準備物にはどのようなものがあるのか?

のような、物理的なこともきちんと把握しなければいけませんね。

「こんなにお金が必要だなんて知らなかった・・・ごめん!」

と辞めざるを得ない結果にならないように、その習い事にかかる費用を調べておきましょう。


子供の習い事についてのまとめ

習い事は続けることによって、その意義を成すもの。

どんな習い事であっても「続ける」「続けさせる」ことを一番に考えてみてはいかがですか?

習い事を続けるためには、ご両親の協力・サポートなしでは考えられません。

物理的にも、精神的にも全面的に子供さんをサポートする!!協力する!!

それが、子供さんの未来を明るくしていくような気がします。

何か新しいことを始めたくなる「春」

子供さんの「やりたいこと・習いたいこと」が見つかる時期になれば良いですね!


熱中症を軽く考えてはいけない ~ 体験から学んだ予防と対策!

小学校のスクール水着 水泳準備品は?~ もちろんディズニーデザインもあり!!

女の子のための プリンセス ヘア アレンジ~ ピアノ発表会や結婚式にも使える!!

ディズニーコレクション 第6弾|PLUS ホワイパーPT&エアイン が発売されます!!

ミニーマウスルーム ~ 憧れてやまないミニー尽くしのお部屋が私にも作れる?!

新一年生の通学にあると便利なグッズ ~ ディズニー編!!